▽このプレイ日記に登場する名前の紹介▽
 ・主人公(男性)
  フ・ルサン(フ-ルサン/フェルサン)

 ▽ちょっと切実なお願い▽
  マキャフリィの作品は、一部絶版、もしくは重版未定です。
  もし、御協力をお願い出来ればありがたいです。
  復刊ドットコム
  『アン・マキャフリィ』 復刊特集ページ

2009年10月10日

もうしばらくお休みをいただきます。

同じエントリを2ヶ所でさせていただきます。

現在、随分長く、お休みさせていただいております。
時折、再開を楽しみにしてくださっているとの拍手をいただき、大変ありがたく思っております。
また、コメントはなくとも、たくさんの拍手をいただいております。
本当に感謝しきりでおります。
しかしながら、実は初夏の頃から酷く体調を崩し、加えて父の死、叔父の死と重なり、体力が落ち、その結果、持病の悪化により、本日、内視鏡による手術を受けて参りました。
今後、まだしばらく、その後処理などで、エントリは難しいかと思われます。
ただ、命に別状あるような重大な病ではなく、単なる耳鼻科的な病気をこれ以上なく悪化させてしまった事によるもので、きちんと病院には通っていたのですが、運が悪かったのだと思います。
本当に、大した病ではありませんので、あまりご心配いただきませんよう、よろしくお願い申し上げます。
ゲームを進める事は出来ない事もないのですが、記録をとるのに集中力が足りません。
記録間違いなどを避ける為に、もうしばらくお休みをいただきたく、お知らせ申し上げます。

また、冬には新作が発売されるとの事。
その頃には、少しでも復帰し、新作においてもプレイ日記を続けられるよう、今は頑張って治療、回復に専念したいと思います。

痛みで眠れない秋の夜に。

拍手を下さった方々へ、心からの感謝と愛を込めて。

メノリ
【関連する記事】
posted by メノリ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

5年目 秋の月14日 日曜日 晴れ

出かけてみれば、昨日よりもさらに多くのきのこが見つかった。
きのこと言えば、もっと水分の多い日に増えるものと思っていたフ・ルサンは、ここのところの出来事で、考えを改めるべきだと感じた。
天気がどうこう言うよりも、単に運不運の問題なのだろうと。

牧場ではなすが収穫でき、フルーツ島ではりんごが収穫出来た。
もちろん、すべて出荷だ。
とり小屋ではレッパが成鳥していた。
きっと良い卵を生んでくれるようになるだろう。

午後からは、きのこ島で釣りをした。
大層な釣果があった、と言いたいところだが、数こそ釣れたものの、小魚ばかりだ。
それも良く見かける魚ばかりで、つまらない事この上ない。

夜になり、家へと帰ったフ・ルサンは、休む前にふと考えた。
今までトリートの示してくれる順番に島々を巡っていたが、それを逆に、動物島から巡ってみるのはどうだろう。
明日からでも、数日ばかり試してみようか。



☆イベント
・お昼ごはん
posted by メノリ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

5年目 秋の月13日 土曜日 快晴 ※ウィル誕生日

この日も、良い天気だった。
この晴天のお陰なのか、きのこ島にはきのこの姿が多く見られた。
久々にどくきのこも手に入れる事が出来た。
動物島のカモ達からは、海賊の宝と言う贈り物があった。
途中、わかば島の海岸で出会ったウィルに、誕生日の贈り物をするのを忘れなかったのは、カモ達のお陰かもしれない。
いずれにせよ、夜には届けに行くつもりではいたのだが。

この日の仕事は、動物小屋から始めた。
もちろん、羊達の毛を刈る為だ。
それらの作業が終わると、今度はフルーツ島でぶどうの収穫、それから畑で、さつまいもとピーマンの収穫をした。
ほうれんそうの芽吹きを確認し、この日搾った牛乳は予定通りチーズにし、作物はしばらくの間、料理せずに出荷すると決めた。
収入は減るだろうが、食うに困る事はない。
増築もおおよそ終わり、生活の基盤は揺るぎないものとなっている。
それならばと、記録を作っておきたい気分になったのだ。
料理の出荷数で記録を作るのは難しいだろうが、作物ならば、それほどの事はないだろう。
そのうち、料理の出荷数にも挑んでみたいものではあるが。
収穫に忙しかったこの日は、釣りどころではなかった。
なにしろ、スイレンから、昼食を受け取り損ねたほどだ。
こう言う事が起こるたびに、昼食を用意してくれている彼女には申し訳なく思う。
たびたびの事ではないからと、ただ許してくれているのだろう。
夫婦だからこそ、こうした時の反省を忘れてはならないと、フ・ルサンは考えている。

この日、雑草の総出荷数が1000を超えた。
花のつく方の雑草だ。
品質上昇機から、クズ鉱石をSランクで取り出し、出荷し、蓄える事が出来た。
品質ばかりは、さすがに次々とと言う訳にはいかず、毎日のようにもどかしい思いもするが、いずれにせよ、いつかは求めた品質の様々が手に入るのだから、ありがたく思うべきなのは間違いない。
posted by メノリ at 23:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

5年目 秋の月12日 金曜日 快晴

朝から良く晴れていた。
タロウに言わせれば、明日も良く晴れるのだそうだ。
作物にとっては、幸いな事だ。
島々を巡る途中、工務店に寄り、フ・ルサンは緑のコロボックル達に、この日でホームステイを打ち切ってもらった。
次に彼らの助けを借りる事になるのは、1年後か、2年後か。
その時には、全員でとりかかってもらわなければならないだろう。
大仕事だ。
しばらくゆっくり休み、のんびりとすごし、その日が来た時の為の鋭気を養っていてもらおう。

動物小屋の羊のすべてが、毛刈りを待っていたが、残念ながら今回も日延べだ。
ビニールハウスで、大豆のさやがようやく茶色に色付いたが、これは少し時間をおいてから収穫する事にした。
この日の出荷で、バターの総出荷数が1000を超えた。
次はチーズを出荷する事にしよう。

午後は女神さまの泉で釣り糸を垂れた。
100尾目のおいかわが釣れた。
最近は、釣果が安定し、それほど少なくもなく、また突如驚くほどたくさんの魚が釣れる事もあまりない。
淡々としていて、少しばかりつまらない。
そろそろ切り上げようかと思った頃に、イトウが釣れた事には、少しばかり驚きもしたが。



☆イベント
・お昼ごはん
posted by メノリ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

5年目 秋の月11日 木曜日 小雨

朝から小雨が降っていた。
畑の様子を心配したフ・ルサンだったが、タロウから明日は良く晴れると聞き、安堵したのだった。
出かける前にゴランに会っており、おしゃれ箱の仕上がりに感服した。
相変わらず仕事が早い事にも。
動物島で受け取った資材は、すべて出荷へと回したが、その中に黄金の資材が1本含まれていた。
サル達に感謝すべきだろう。

畑でほうれんそうを収穫し、そのあとにも再びほうれんそうの種を蒔いた。
その後、今後の資金繰りについて考える為に、資産表を眺めた。
出荷した事のないものが、まだまだある事を再確認し、フ・ルサンは途方に暮れた。
橙、藍、緑などのすてきなぞ、出荷出来る日が来るかどうかすら怪しいものだ。
とりあえず、パン粉をまだ出荷していない事に気付いただけでも幸いだ。
さっそく用意し、出荷しておいた。

午後から夜にかけては、女神島へと釣りに出かけたが、釣果は良くも悪くもない。
小魚の蓄えを、2尾ばかり増やしはしたが、それだけだった。



☆イベント
・依頼完了!
・お昼ごはん
posted by メノリ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

5年目 秋の月10日 水曜日 曇り ※収穫祭

この朝、道具箱が大きくなった。
フ・ルサンは、その出来映えに満足した。
収穫祭の後、この日のうちに、おしゃれ箱の方の増築も依頼してしまうつもりだ。
ともかく、収穫祭の前に、仕事のかたをつけてしまわねばならない。
この日、ビニールハウスでは、小麦が僅かな成長を見せていたが、先はまだ長そうだった。
フルーツ島で、りんごをひとつ収穫し、畑ではさつまいもを収穫し、慌ただしく仕事を終えた。

収穫祭には、卵を持って出かけた。
今までに蓄えて来た、質の良い、自慢の卵だ。
鍋の仕上がりは素晴らしいもので、皆で満足ゆくまで食べた。
祭りの後には、予定通り工務店へと出かけ、おしゃれ箱の増築を依頼した。
これで、随分とフ・ルサンの資産は目減りしてしまった。
しばらく、大きな仕事を頼む事は出来ないだろう。
必要になるだろう、鉱石の数も足りない。
次の機会が来るまで、せいぜい貯蓄に励むとしよう。



☆イベント
・依頼完了!
posted by メノリ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

5年目 秋の月9日 火曜日 晴れ ※フェレナ誕生日

フェレナが収穫祭について、知らせてくれた。
さて、何を用意したものか。
それを考えながらも、フ・ルサンはフェレナを追いかけて、誕生日の贈り物を手渡した。
これもまた、重要な事だ。
工務店では、道具箱の大きさを変えるよう、ゴランに頼んだ。
資産の状況をみれば、明日は間違いなく、おしゃれ箱の増築を頼む事が出来る。

この日の仕事は、動物達の世話から始めた。
羊2頭の毛刈りをしっかりと済ませ、畑仕事に移った。
フルーツ島でりんごを収穫したが、しかし、3つしか採れなかった。
水が足りなかったのだろうか。
それしか考えられない。
ならば、自らの過ちと諦めるしかない。
秋の果物は、そう何度も収穫出来るものではない為、この日の収穫はすべて出荷した。
この秋の間に、蓄えを作る事は出来るようになるだろうか。
危ぶまれる。
畑ではピーマンとなすに花が咲いており、こちらは順調だった。

午後になると、フ・ルサンはふたば島へと釣りに出かけた。
恐々としていたものの、この日、手伝いを頼んであったタヌキ達に囲まれる事はなかった。
静かな時間と、そこそこの釣果に満足したが、タヌキ達に囲まれなかった事が、少しばかり寂しかったような気もする。
何か、彼らの気に障るような事をしただろうか。



☆イベント
・明日は収穫祭
・依頼完了!
・お昼ごはん



閑話休題的話題はコチラ
posted by メノリ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

お休みのお知らせ

多忙により、数日お休みさせていただく可能性が出て来ました。
これから、来年前半にかけて、何度かあるかもしれません。
楽しんで下さっている方には申し訳ありませんが、よろしくご容赦下さい。
posted by メノリ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

5年目 秋の月8日 月曜日 晴れ

この日フ・ルサンは、工務店へと出かけ、ゴランに太陽置き場の増築を頼んだ。
どうやら、もう木材の買い足しはせずに、この秋中には、道具箱やおしゃれ箱の大きさを変えるところまではかないそうだった。
しかし、その後の事はまだ目処がつきそうにない。
賢者の石は、その数が足りず、資金も足りない。
そう易々と手に入れられる物でも、金額でもない。
かと言って、まだ乳飲み子であるメレランを、スイレンひとりに任せ、長時間鉱山へと入る事など、フ・ルサンには出来そうになかった。
ならば、少なくともメレランが、ベッドから下りる年になるまでは、作物を育て、動物達の世話をし、資金だけでも稼いでおこう。

畑には、ほうれんそうが芽吹き、にんじんは収穫を待っていた。
にんじんを収穫したあとには、またにんじんの種を蒔く。
まだまだ、秋は始まったばかりだ。
蓄えを増やす必要のなくなった木材を、出荷に回す事にしたが、大した収入にはならないだろう。

午後も遅くなってから、フ・ルサンは動物島へと釣りに出かけた。
今回も、何か動物達に邪魔をされるかと思ったが、そうでもなかった。
数こそ多くなかったが、ここは型のいい魚がかかる。
大魚の蓄えを増やす事が出来た。



☆イベント
・お昼ごはん
posted by メノリ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

5年目 秋の月7日 日曜日 雨

雨が続くようなら、この上なく恐ろしい事だが、幸いにして明日は晴れるとタロウから聞いた。
安堵する。
昨日、結婚記念日を祝う前に、米を刈り取っておいた事をすっかり失念していた。
今日の雨を気にしすぎたせいだ。
このような事がないように、気をつけねば。
質は、Sランクの下と言ったところか。
今回は蓄えを増やさず、ほとんどを出荷へと回しておいた。
米の蓄えを増やさねばならなくなるのは、少なくとも来年の秋の事だろう。
フ・ルサンはそう確信していたが、わずかに刈り取ったままの米を、手元に残しておいた。
不要なようなら、その時に出荷すれば良い。
しかし、この刈り取り作業のお陰で、今朝はまず、チャーリーに道具を調え直してもらわなければならなかった。
普段、乳しぼり器につけてある橙のすてきの半分は、昨日からカマに加わったままだ。

無事、畑仕事も終わらせ、動物達の世話も済ませる事が出来たフ・ルサンは、数日ぶりに釣りへと出かけた。
その前に、この日収穫したさつまいもを、料理して出荷しておいた。
さつまいもは自宅用の蓄えとなる事が多く、総出荷数は、他の作物に比べて収穫数のわりには多くない。
今年の冬も、鉱山には行かないと決めてあるのをいい事に、今秋はその総出荷数を稼ぐつもりでいた。

あいにくの雨だったものの、火山島での釣果はぬしのなまずを釣り上げた事も含めて、まずまずと言って良かった。
400尾目のあかえそを釣り上げる事も出来た。



☆イベント
・お昼ごはん
posted by メノリ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年目秋の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。